素行調査や行動調査のことなら信頼と実績のPIO探偵社にお任せください。

探偵コラム

素行調査で借金はわかる?調査方法と違法性について

恋人や家族が借金をしていることを知らずに、後からトラブルに発展するというケースは少なくありません。そうした不安を解消するべく、事前に借金調査を依頼したいと考えている人も多いのではないでしょうか。
そこで、今回の記事では、素行調査で対象者の借金を調べることは可能なのか、その調査方法と違法性について、詳しく解説していきたいと思います。

素行調査で借金を調べることはできるのか

調査の過程で、対象者の借金や金銭トラブルに関する情報を入手することは可能ですが、借金などの信用情報を直接的に調査することはできません。その理由について、解説したいと思います。

探偵調査では個人情報(信用情報)を取り扱えない

探偵調査は、探偵業法と言われる法律に基づいた業務の一つですが、警察のような権限はなく、個人情報や信用情報を扱うことができません。無許可で個人情報や信用情報を取得すれば、違法行為として処罰の対象となってしまいます。
本人(調査対象者)の許可なく、信用情報を調査することができないため、必然的に探偵調査として、借金調査をすることができないというわけです。ただし、直接的な調査ができないというだけで、尾行、張り込み、聞き込み調査の過程で得られた情報から、借金の有無や、資産状況などをある程度把握することは可能です。

「借金調査可能」と謳っている探偵社に注意

前述した通り、探偵調査において、合法的に信用情報や個人情報を扱えないため、借金状況を詳細に調べることができません。探偵社ホームページなどで、「家族や友人、社員の借金を調査します」といった広告が表示されていた場合は悪徳業者の場合もあるため注意が必要です。
もし、調査を依頼したいと考えている場合は、相談窓口から調査方法や費用について、細かく質問して見るようにしてください。

素行調査の過程で借金情報を調べることは可能

素行調査では、調査の過程で日々の生活習慣、交友関係、対人、異性トラブル、趣味、嗜好、金銭トラブルなど、さまざまな情報を得ることができます。それぞれに特化しているわけではないので、すべての情報が詳細にわかるわけではありませんが、調査結果から、ある程度の推測も可能になるわけです。
例えば、調査の過程で、ギャンブルにハマっていることと、ある消費者金融に出入りしていることがわかったとします。その情報があれば、探偵調査でなくでも、依頼者と対象者同士の話し合いで、どの程度の借金があるのかを把握することが可能になるはずです。
このように、借金調査はできなくても、素行調査によって、借金の実態などを知ることができるので、探偵調査を依頼するメリットは大いにあります。

探偵が合法的に調査できる資産情報

資産情報に関しては、探偵でも合法的に調査を行うことが可能です。ここでは、その方法について詳しく解説していきたいと思います。

探偵が調査できる資産情報とは

探偵社では、以下の資産情報を調査している事例があります。

  • 給料(年収)
  • 退職金の総額
  • 年金受給額
  • 所有している不動産と価値
  • 所有している車両(車、バイク、船など)
  • 遺産相続額

借金調査の場合と同じように、これらの資産情報に関しても、銀行や信用情報機関から直接的に得ることはできません。年収や退職金、年金受給額などは、過去のデータや、調査結果をもとにおおよその金額を割り出す形になります。
ただし、これらの資産情報に関しても、「正確無比な情報」ではなく、さまざまなデータに基づいた信用性の高い調査結果となります。

聞き込みによる借金調査

対象者本人から情報が得られない場合でも、対象者の友人、知人に聞き込みを行なって、普段の金銭感覚や借金の有無などを調査することが可能です。対象者の給料や、生活レベルなどが事前にわかっていれば、普段の行動から借金の有無や、金使いなどを詳細に調べることができます。
借金に関する調査もしてほしいという場合には、依頼者側で、事前に、給料、休日の過ごし方、普段の金銭感覚などを把握しておくと、より詳細な情報を得ることができるでしょう。

探偵で借金調査ができない場合の対処法

探偵社では、素行調査の過程である程度の借金調査は可能なものの、法的な問題から、詳細な借金調査をすることはできません。そこで、ここでは、探偵で調査できない場合の対処法をご紹介させていただきます。

個人信用情報機関に問い合わせる

信用情報機関では、対象者の銀行、ローンやクレジット支払い履歴などの信用情報を調べることができます。問い合わせを行う際には以下のものを用意しておきましょう。

  • 個人情報開示請求書
  • 委任状(対象者から開示を許可してもらうため)
  • 調査料
  • 郵送料(郵送して提出する場合)

信用情報機関は、家族や親戚など、血縁関係にある人物でも本人の了承なく情報を開示することができないため、本人以外の人が調査する場合は委任状が必要になります。あらかじめ本人と話し合いをして了承を得られるようにしておきましょう。

本人に直接聞いてみる(請求書を見せてもらう)

本人から詳細を聞き出すことが最も近道となります。借金の請求書やカードの利用記録など、情報として残っているものがあれば、見せてもらうように話し合いをしましょう。ネット上では、夫婦や家族の請求書黙って見る方法が紹介されていますが、これは「信書開封罪」という違法行為に該当するもので、家族や親族であっても違法行為になるため、絶対に行わないようにしてください。

まとめ

今回は、素行調査で借金を調べること方法と違法性について、さまざまな角度から解説させていただきました。記事をまとめると以下のようになります。

  • 探偵調査で合法的に借金を正確に調べることは難しい
  • 素行調査の過程で借金の有無やある程度の金銭状況を調べることは可能
  • 借金を調べる場合は、本人との話し合い、個人信用情報機関の利用を検討することもおすすめ

探偵社では、借金に特化した調査を行うことはできないものの、素行調査の過程で借金の有無や、金銭状況、その他お金に関するトラブルを調べることが可能なので、借金調査目的で素行調査を依頼するのもおすすめできます。
まずは探偵社の相談窓口から調査したい内容を相談することをおすすめします。

探偵コラムColumn